最低賃金が改定されます

 

令和元年10月1日から、和歌山県の最低賃金が改定されます。

 

・地域別最低賃金

 変更前:803円 → 変更後:830円27円アップ

 

その他、主な都道府県の地域別最低賃金

・東京:985円 → 1,013円(平成30年10月1日)

・愛知:898円 →   926円(平成30年10月1日)

・大阪:936円 →     964円(平成30年10月1日)

 ※ 括弧書きは、改定年月日です。

 

全国平均は901円となり、改定後の最高額は東京都の1,013円、最低額は青森県、岩手県、秋田県、山形県、鳥取県、島根県、愛媛県、高知県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県の790円です。

なお、近畿地方では、和歌山県が最も低い最低賃金額です。

 

詳細は、厚生労働省HPをご覧ください。

一覧に戻る