令和4年1月1日から健康保険の各給付について改正されました

 
 

令和4年1月1日から、健康保険の各給付について、改正されました。

 

1.傷病手当金

  支給される期間が支給を始めた日から通算して1年6ヵ月になりました。(令和2年7月1日以前の場合は、従来通り支給

  を始めた日から最長1年6ヵ月です。)

 

2.任意継続被保険者の資格喪失事由

  任意継続被保険者の資格喪失事由について、資格喪失を希望する旨の申出が可能になりました。(従前は、任意継続被保険

  者の資格を喪失するには、「就職して他の健康保険に加入した」、「保険料を期限までに納め忘れた」、「任意継続を始め

  て2年が経過した」などの事由に該当することが必要でした。)

 

3.出産育児一時金

  産科医療補償制度に未加入の医療機関等で出産した場合や妊娠週数22週未満で出産した場合の出産育児一時金が1児につ

  き40.8万になりました。(令和3年12月31日以前の出産の場合は、1児につき40.4万円です。)

  ※ 産科医療補償制度に加入の医療機関等で妊娠週数22週以降に出産した場合は、一児につき42万円です。

 

詳細は、全国健康保険協会HPをご覧ください。

一覧に戻る